いよいよ2週間後くらい先の開催となりました
岡崎順子さんの個展

先日、糸島の陶房まで焼きあがっている個展作品を
仕入れさせてもらいにお邪魔して来ました
あと1窯、2窯
ギリギリまで時間の許す限り作陶をしてくださっていて
お話もそこそこに、ささっと頂いて帰って来ました♪

間に合わないよ〜という中でも
作品を作られていると急にアイディアも浮かんできたり
新しいものを試したくなったり
または、思いもかけない失敗なども出てきたりして
手作りの大変さと、良さを毎回感じます

検品をしながら、作品が並んでいる様子を拝見して
やっぱり可愛いな〜
日々の暮らしを豊かにしてくれるな〜と
一足先に楽しませてもらっています

今日から実際に並びます個展作品を
ちょこっとずつご紹介して参りますね
どうぞお付き合いくださいませ

・課長(小)
s-NDF_5137













作品名も進化していき
またシンプルなものになって
もはや、その名も課長!

土に向き合いながら形にしていかれ
素敵に使ってもらえるシーンを想像しながら
作品が生まれたんだろうなと
課長から伝わってきますね

ふたものは、使う人それぞれで
全然違う楽しみ方が生まれるので
ユニークな1つです

今回の蓋は、美味しそうなものが付いていますね♪
s-NDF_5138













s-NDF_5140













窓からの木漏れ日と課長
絵になっております


・豆なうつわたち
s-NDF_5141













s-NDF_5142













小さなものを、こつこつと作り続けれるのも
岡崎さんの大きな魅力です
使う私たちも、小さな武器をたくさん手に入れて
その分ときめきの数が多くなって
嬉しい限りです

お皿の上に並べて、お料理や調味料を置いたり
焼き菓子、箸置きなどなど
お料理のスタイリングに幅が生まれますね
s-NDF_5143













個展では、この豊富なバリエーションで店内が埋まりますので
お悩み必至。黄色い歓声、大歓迎
選ぶだけでもワクワクします
s-NDF_5145













個展ならではの意気込みで
新しい作品も、たくさんあります

コーヒーバック
袋の中から芳醇な豆の香りが漂ってきそうな
くすっと笑顔になれるマチまであって
にくい演出
やられました
s-NDF_5146













テーブルに対して、高さが抑えられている豆皿タイプと
少し立ち上がりのある豆鉢タイプ
s-NDF_5147













s-NDF_5148















それぞれに、同じ絵柄があったり無かったり
きっと良い組み合わせの出会いがあると思います


・ごちそう平鉢S
s-NDF_5151













桃にイチジク、シャインマスカット
岡崎さんが暮らす糸島は食材の宝庫でもあります
夏の終わりの美味しいもの
秋の味覚
ごちそうは続く
s-NDF_5149













ちらっと3つだけご紹介しますね
これを、くるっと回すと
s-NDF_5150













こちら。

あっちとこっちで見える雰囲気が変わって
また楽しいのです

また次回の更新もお楽しみに^^

================================

岡崎順子 個展2022
2022年9月29日(木)−10月4日(火)
作家在店、29日(木)
作品完売次第、終了となります

当店までのアクセス

感染予防と混雑緩和のために
初日9月29日は
事前にお申込み頂きましたお客様だけの
営業とさせて頂きます

・おひとりさま、7個前後の販売個数制限をさせて頂く予定です

================================