====現在、フランジパニは=============
福岡県における新型コロナによる緊急事態宣言
を受けまして4月8日より臨時休業しております
皆様のご健康と一日も早い終息をココロより願っております
===========================

福岡に緊急事態宣言は発令されて
間もなく3週間になろうとしています
みなさま、いかがお過ごしですか?

普段、店頭でお顔を合わせながら営業している私たちは
いつものように楽しくお話が出来ないことが
とっても淋しく思っております

今年のGWは静かなものになりますね

さて、毎年開催して頂いています
余宮隆さんの個展
今回で13回目となります
毎年、素晴らしい作品を作り続けて開催し続けて
下さることに感謝感謝です

個展作品はどんどんフランジパニに届き始めております

皆様より一足先に楽しませてもらっておりますよ^^

今日からWEB個展作品をご紹介してまいりますね
ひと時のお楽しみにしてもらえましたら
とっても嬉しいです

・飴釉 鎬リム皿
NDF_5185













まず目に飛び込んできましたのが
飴釉作品でした
第一印象は、よく溶けているな〜
とため息が出ました

薪窯を思いのままに操っている余宮さんの
窯焚きの様子が見えたようでした
実際は熱気を帯びて戦っているのだと思いますが
自由に楽しまれているように
飴釉が語りかけてきました

NDF_5188













NDF_5189















初夏のような陽気に店内の窓を開けて
ジャスミンの香りを浴びながら
じっくりと飴釉を手に取ってみると
釉薬の流れや、轆轤の様子の中で
しばしの静寂に包まれます

わがままに一人だけの時間を楽しむには
今回の個展作品はぴったりだと思います

世相を敏感に感じて物つくりされる余宮さん
今だからこそ生まれている作品があると
わいわくしながら撮影しております
NDF_5190














上品な光沢は、写真でお伝えするのが難しいのですが
お手元に届いた時のほうが
良いじゃん!!と感じてもらえるということで
お許しください^^
NDF_5197













ラインナップは、LL・M・Sが届いております


・飴釉 鎬スープマグ
NDF_5191














たっぷり楽しめるスープマグ
お料理に使われる方も多いですよね
今日の暖かさだと冷麺やピビンバあたりが
嬉しいな〜♪

NDF_5192














自然に寄り添う生活の中で作品を生み出している
余宮さん
年々、宇宙のエネルギーまで作品に取り込んでいる?
と思うようなものを見つけることが出来ますよね

夜釣りをしながら満天の星空が
綺麗なんだろうな
NDF_5193













たっぷりサイズのマグに、たっぷり入れて
持ちやすい(軽い)と感じるのは
さすがの技術ですね
NDF_5195














飴釉はオーブンも大丈夫ですよ
と、余宮さん
贅沢だー!

・飴釉 耳付ボウル
NDF_5199














NDF_5200














誰かに似ているような
愛嬌のある親近感
2つの耳が可愛く、また持ちやすいですね
NDF_5201














ふとした時
例えば食べ終わって洗っている時
土の持つ魅力に気付いて
楽しくなれます

・飴釉 輪花小鉢
NDF_5202













余宮さんの中に流れる唐津焼の血
伝統的な可愛さ
先入観なく「フリルが可愛い」
と手にしてもらえたら素敵です

NDF_5203













縁の造りが余宮さんらしいですよね
個展DMとして3つ並べているのが
こちらになります
NDF_5204













NDF_5205















ランチにどんぶりとしてお使い頂くと
ちょうど良いくらいのサイズですよ

ふりふりの縁に口をつけて
お楽しみください♪


・飴釉 八弁向付
NDF_5206













NDF_5207













妖しい色気のあるうつわ
吸い込まれそうになりますね

人参のマリネを上品に
ちょこんと盛り付けたら
気分が盛り上がりますよね☆

ビールのお供に、
冷ややっこ
枝豆

撮影時に5つほどまとめて持ち上げてみたら
手のひらの感触が
なんというか幸せな心地よさでした

それでは、また次回の更新を
お楽しみに!
お付き合いくださって
ありがとうございました〜