みなさん、週末はいかがお過ごしですか?
きりっと寒い土曜日になりましたね
街のあちこちで、サンタさんの帽子をかぶった
店員さんを見かけるようになりました
フランジパニでも、かぶった方が良いかなーと
妄想だけしております(笑

我が家では少し早くやってきたサンタさん
息子は、ずっと欲しかったゲームソフトを手に入れ
鼻歌まじりでテレビに噛り付いております(汗

自分はというと
流れていく雲の隙間から差し込み日差しの
暖かさに感謝しながら
写真撮影しにくい!!と戦っておりました

それでは、今日もお付き合いくださいませ

辻口康夫さんの個展作品紹介、その2です^^

今日は、灰釉粉引シリーズ
オシャレなトレーラーハウスが工房の辻口さん
暖をとるのも薪ストーブ
そこで沸いたお湯でいれてもらうコーヒーが
また美味しいですねよね

燃え残った木の灰を大切に保管しておきて
精製して土にまぜる
そうして出来上がるのが灰釉粉引シリーズです

生まれるプロセスから味がありますよね
上から下へ
窯の中で流れた様子
高台の付け根や、見込みに溜まった釉溜まり
ガラスのようにも見えて
ロマンティックです

・灰釉粉引 しのぎ楕円鉢
s-NDF_9844_61552













s-NDF_9845_61553













ね? ぐっとキマスよね♪

縁に施された鉄釉は窯の中で
窯神さまの気まぐれで
色んな溶け具合を見せ景色になっています

昨日、ご紹介した粉引マット釉と
同じ大きさ、カタチ違いですね

・灰釉粉引 カフェオレボウル
s-NDF_9847_61554













s-NDF_9849_61555














たーーぷりのカフェオレを入れて
手のひらで包み込んで楽しめます♪

口のフォルムは口当たりが癖になるような
心地よさです

辻口さん作品はレンジも大丈夫なので
ホットミルク+ココアとか
焼酎のお湯割りも簡単♪

・灰釉粉引 丸マグカップ
s-NDF_9850_61556













s-NDF_9852_61557














僕のように手が大きく、指が長い方には
こんなの待っていたんだよ〜!
と歓声が上がるマグカップです

取っ手を持つと折り曲げた指先が
マグの胴体に当たる時、ありますよね?

写真では、ぎりぎり当たってないんです
ちょっとした事なんですが
かなり心地よいです^^

先ほどのカフェオレボウルとフォルムは
ほとんど同じなので
こちらと1つずつ揃えられる方も多いですよ


・灰釉粉引 丸しのぎそばちょこ
s-NDF_9853_61558














s-NDF_9855_61559














このあたりから、日差しに苦戦しております(笑

とはいえ、日中に見る雰囲気と
夕方くらいに見る雰囲気が2つの写真で
伝わるかなって思いました

時間帯とか、季節によって
作品の雰囲気が変わってくるのも
作家ものの魅力ですもんね


・灰釉粉引 丸しのぎコーヒーカップ
s-NDF_9857_61560













s-NDF_9859_61561













薪ストーブで燃やした木が
どんな栄養?成分だったかによって
色合いが異なります

底に溜まった釉溜まりを眺めながら
美味しいコーヒーを飲みましょう♪


・灰釉粉引 面取りカップ
s-NDF_9860_61562














轆轤の仕方、削りの仕方
同じ土でも、がらりと印象が変わるのが
楽しいですよね

こちらは、きりっとした印象のカップ
一気呵成に削られた面の様子が
なんとも凛々しいですね

・灰釉粉引 面取りショット
s-NDF_9861_61563













s-NDF_9862_61564













ナイス・ショットですよね!

きりっと冷えた冷酒など
いかがですか?

1杯だけじゃ済まないでしょうね^^


・灰釉粉引 隅切角皿
s-NDF_9863_61565














ハレの日に、使いたい上品な1枚
黒豆とかオリーブを、ちょこんと盛り付けたら
かっこいいです!

s-NDF_9864_61566













s-NDF_9865_61567














先ほどのショットグラスとの相性も良いですね♪


・灰釉粉引 フチ丸サラダボウル
s-NDF_9866_61568













s-NDF_9867_61569













ちょうど10年前
シティ情報ふくおかさんとのコラボ企画
「私のうつわ展」で、ROASTERS CAFE MANO+MANOさんと
辻口さんのコラボ作品

ラテアートに似合ううつわ パーティ

の満を持してのリバイバルです

あの日、僕らも購入した今作品(当時は黒)を
ずーーーっと愛用していまして
とにかく使う頻度が、ものすごく多くて

サラダ、お鍋の取り碗、煮物碗などなど

当時は、この企画だけの限定とさせてもらっていたのですが
10年経ったし、いいかなってお願いしちゃいました^^

灰釉粉引は、初入荷です♪

パワープッシュするオススメです^^



今日は、灰釉粉引シリーズのご紹介でした

明日の更新も宜しくお願いします☆