ブログネタ
美味しい和食器 に参加中!
水玉のうつわ展の前々日、実は僕は天草に居ました。
お世話になっている3つの窯元さんも参加される
イベントと、懇親会に参加するためです。
(今年はご案内が出来なくてごめんなさい。
 来年はしっかりとご案内いたしますね)

自宅から車で約4時間。
今回は、妻はフラパニイベントの準備のため
ひとり旅です。
窯元を訪ねるのは、どんなに遠くても楽しいです。

ちょっと早く到着しましたので
イベント会場には直行せず、窯元へ。
やはり、ありました新作(笑)
この発見が、またまた嬉しい♪
ちゃんと、仕入れてご紹介しますので
お楽しみに☆

初日は、若手陶芸家によるコンテストの表彰も
若手陶芸家






ここに、余宮さんと、辻口さんが写っています。
何番目かは内緒です(笑)
若手陶芸家が、すごく元気がよく
これからのご活躍がすごく楽しみです。

コーディネーターの日比野 克彦さん
日比野さん





懇親会では、貴重なアドバイスありがとうございます☆

表彰式のあと、建築家の隈 研吾さんによる講演。
(シャープ・アクオスのCMに使われた竹の家が有名)
なぜか、自分は最前列で待機。
まわりはみなさん、陶芸家でした(笑)

約1時間半の講演でしたが、とても面白く
あっという間に時間が過ぎました。
印象深かったものを書きますと、

20世紀の街づくりは、東京や大阪といった大きな看板から
世界へ発信していたものが
自然・歴史・人といった魅力ある資源を持った
個(地方)から世界へ発信していける。
や、
隈さんは世界各地に招かれ、その土地土地にあった
建築物を設計されるのですが
その土地土地にあったものを作るには
時間がかかります。
そこで生まれ育ったわけじゃないですもんね。
最初は、どうしても違和感があるそうです。
その違和感を乗り越えるには
必ず人を介してだそうです。
その地を愛し、一緒にのめり込む人が必要だそうです。

和紙の職人さんだったり、流れている川に思い入れがある人
だったり。
隈さん







自分はうまく書けないのですが、
ココロを惹かれるお話でした。
陶芸家と、ギャラリーとお客さんの関係も
同じじゃないかあと思ったりもしました。

講演後は、しっかりと窯元さんの新作チェックしてきましたよ♪

で、夜は懇親会に参加。
普段、なかなかゆっくりとお話できない窯元さんと
じっくり5時まで話してきました(笑)
いつも、こんな感じだそうです。
パワフルすぎます。
でも、好きなリズムです(笑)

今回の旅は、天草の作家さんとの絆を深める良いたびに
なりました。
作家はどんな気持ちで作品作りをしているのか
その中で、フラパニがどう役に立っていけるのか
気付き多き贅沢な一日でした。

今日は、長くなりましたね(汗)

フラパニにご来店頂いて、なんか楽しいとか
気に入った器と出会えたと思ってくださったら
勉強している事が少しは実現できているのかなと
思ってください。
逆に、足りないことは遠慮なく教えてくださいね〜
お客さまの声が一番のお薬になりますので♪

------------------------------------------------------------------
応援ありがとうございます。
やっぱりインテリア部門のブログは
面白い方が多いです〜
人気blogランキングへ